お料理

トップライン

「ワイン文化を広める」

私は、和歌山の皆様にワインをもっと気軽に飲んで頂ける様に、ワインアドバイザーとして、毎日お客様にワインを愉しんでもらえるよう努めております。

ワインアドバイザーとは…

日本ソムリエ協会のソムリエ試験に合格し、ワインショップや輸入業者での販売が許される資格で、主に一般消費者からプロのソムリエまで、幅広く販売が可能な為、様々な知識を要求される資格です。

ワインの素晴らしいところは、口に含むとその場の人達を笑顔にし、明るい食卓を作れる事だと思います。よって、いつも笑顔で愉しんで頂ける様に徹底している事があります。

まず、正規での輸入ワインにこだわる所です。

正規物とは、輸入業者の徹底された管理の元、蔵出しのワインをそのまま扱えるので、自信を持って紹介が出来ます。その反対は、並行物と言われ、海外の問屋が管理したり第三国から輸入するワインですので、どんな状態で管理されていたか不明な為、品質管理にも自信が持てなく、ワイン本来の美味しさを愉しめません。

よって蔵出しのみを扱う最高のワイン業者のみを選び、生産者が来日された時は必ず会って、自分自身納得のいく上でワインを選び抜く事が、美味しいワインを届ける為には大切な事です。でも、残念ながら、和歌山の一人当たりのワイン消費量は全国でもワーストクラスです。

しかし、私はワインアドバイザーとして店に立つようになり、感じた事は、ワインに興味がある人が和歌山には多い事です。ですが、ワインを難しく考える人が多い為、消費量が少ないのだと思います。私は、一人でも多くの人にワインの良さを知って頂く為に、低コストのワインでも、徹底して選び、少しづつでもワインの素晴らしさや愉しさを、これからも、広めて行きたいと思います。

普通なら、ワイン文化の多い県外の人に商売するのが、普通の酒屋さんのスタイルだと思います。でも、都心部でも誰かがコツコツと広めたから、ワインの文化が広まってきたのだと思います。

よって、私は和歌山でもワイン文化がきっと広がると信じていますし、広げて行きたいと思っております。

「飲む機会が無い」「コストが高い」「グラスが家に無い」「飲める店が少ない」とかが、消費者様の今の声です。何年後かには、「愉しく飲めるお店が多く」、「家でも肩ひじ張らずに普通のグラスで」、「コストが安くても満足出来るワイン」が沢山あると思って頂きたいです。

a